舞台『ヒミズ』決定!

2001年から2003年にかけて「ヤングマガジン」(講談社)にて連載され、2012年には映画化された、古谷実の放つクールな問題作『ヒミズ』を劇団時間制作が舞台化することが決定致しました!!!  『行け!稲中卓球部!』などギャグ漫画の世界観から一変、ギャグ要素無しのリアルな人間描写に挑んだ古谷実渾身の青春残酷物語『ヒミズ』。

今回、講談社と劇団時間制作がタッグを組み、池袋にあるLIVEエンターテインメントビル「Mixalive TOKYO(ミクサライブ東京)」の「Theater Mixa」にて公演を行うことが決定しました!

主人公住田祐一役に体当たりで挑むのが現在『ドラゴン桜』にも出演し、今注目を集める若手俳優の西山潤。ヒロインの茶沢景子役には『仮面ライダーエグゼイド』やNHK連続テレビ小説『スカーレット』にも出演し、演技力に定評がある松田るか。舞台化オリジナルキャラクターのソレ役には、ストレートプレイから舞台『刀剣乱舞』など2.5次元舞台まで幅広く活躍している三津谷亮。そしてモロ師岡、木ノ本嶺浩をはじめ、脇を固める役者陣は演技面も実力派揃い。独特の世界観を表現していく。

「あなたの心の血の色は、本当に赤ですか……? 
現実という化け物が暴れ出す。これより不道徳の時間を始めます」

【西山潤コメント】
この度舞台「ヒミズ」で住田祐一を演じさせていただく事になりました。
念願の初舞台、そして初主演です。
現時点では正直、緊張と不安とプレッシャーが気持ちの大半を占めておりますが、
それ以上に稽古が楽しみでしょうがないです。
谷さん、スタッフの皆様、キャストの皆様とヒミズの世界、そして西山潤の住田祐一を誠心誠意創り上げて参ります。
普通に生きたい住田を是非池袋まで観に来ていただけると嬉しいです。
宜しくお願いします!

<公演概要>
劇団時間制作プロデュース公演 第二弾
舞台『ヒミズ』
原作:古谷実(講談社刊)
脚本・演出:谷碧仁

【出演者】
西山潤
松田るか
三津谷亮

木ノ本嶺浩
久獅
柴田時江
田名瀬偉年
佐々木道成

モロ師岡

【上演期間】
2021/9/18(土)~2021/9/26(日) 全14回公演

【会場】
Mixalive YOKYO 「Theater Mixa」
 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-14-3 Mixalive TOKYO 6階 

■主催:舞台『ヒミズ』製作委員会

田名瀬偉年の一人舞台

劇団時間制作プロデュース第一弾                       田名瀬偉年の一人舞台                            「まぐろ」

劇団員の田名瀬が一人芝居を上演する運びとなりました。            脚本演出は谷碧仁です。初めての試みです!!!!               今から劇団員みんなドキドキです。是非応援していただけますと幸いです。

■あらすじ■
書道の先生をしていた母が亡くなったのは先週の事だ
手元には、母が入っている桐箱がある
僕は母の事を想う
すると思い出すのはやはり、母が教育を混じらせて造った『造語』の事ばかりだ
素晴らしい造語から、どうでもいい造語まで作り、母は僕に多くの事を教えてくれた
僕はそれを指針に生きてきた
僕は、そんな母を供養しようと思う
それに皆さんに付き合って貰いたいのです
そういう物語です

■キャスト■
田名瀬偉年

■スタッフ■
照明:加藤泉
音響:許斐祐
制作:MIMOZA

■劇場■
千本桜ホール
東急東横線「学芸大学」駅 徒歩1分
※1Fが焼肉店のビルの3F
※駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。

■日程■
5月
7日(金)14:00/18:00
8日(土)14:00/18:00
9日(日)14:00
(全5公演)

※受付開始は開演の45分前、開場は30分前
※上演時間は約60分となります

■チケット情報■
前売・当日 3,500円(全席自由席)

新型コロナウイルス感染症拡大などにより急遽中止・変更になる場合がございます。予めご了承くださいませ。公演の際は感染症対策ガイドラインにもとづき、感染拡大防止策を講じ開催致します。 皆様のご来場心よりお待ちしております。

第二十三回本公演「断・捨・離」    公演中止のお知らせ

【劇団時間制作第二十三回本公演「断・捨・離」公演中止についてのお知らせ】

2月1日(月)~28日(日)にて開催を予定しておりました、劇団時間制作第二十三回本公演「断捨離」の全公演に関しまして、緊急事態宣言の発令、新型コロナウイルスの感染拡大状況を鑑みまして、お客様および、当公演に関わる出演者・スタッフの感染リスクを踏まえ、安全面を最優先し公演の中止を決定致しました。

公演を楽しみにされていた皆様にはご迷惑をお掛けすることを、心より深くお詫び申し上げます。

なお、関係者の新型コロナウイルスの感染等が理由ではございませんので、その点につきましてはご留意いただけますと幸いです。

お客様のご期待にお応え出来ませんでしたことを、心より深くお詫び申し上げます。

また、開催に向けてご協力頂いた多くの関係者の皆様に再度お詫び申し上げます。 公演日が迫ってからのお知らせとなりましたこと、誠に恐縮ではございますが、何卒ご理解賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

「断・捨・離」一部中止のお知らせ

劇団時間制作第二十三回公演
「断・捨・離」一部中止のお知らせ

この度、政府から発令された緊急事態宣言を受け2月1日(月)~2月28日(日)にて公演を予定しておりました、劇団時間制作第二十三回公演「断・捨・離」の一部公演に関しまして中止を決定致しました。

《対象期間》
2月1日~2月7日(日)11公演

また2月8日以降の公演につきましては緊急事態宣言の内容に準じて再考致します。
恐れ入りますが何卒ご了承いただけますと幸いです。

確定の上演スケジュールにつきましては追って劇団Twitterやホームページにて発表致します。

2021年1月9日 劇団時間制作

第二十二回本公演「迷子」チケット発売本日開始!

劇団時間制作第二十二回本公演「迷子」本日19時より一般チケット発売開始

【チケット価格】※座席選択可能                        一般販売 6,500円(全席指定・税込)                      チケットご購入はこちら→http://confetti-web.com/maigo              

Q&A、コロナ感染症対策によるお客様へのお願いについて更新致しました。    ご確認の上チケットのお買い求めお願い致します。      

 <出演者>
 岡本玲
 桑野晃輔
 青柳尊哉
  
 田野聖子
 石井康太
 武藤晃子
 西川智宏
  
 竹石悟朗
  
 田名瀬偉年(劇団時間制作)
  
 <Aキャスト>
 橋本真実
 栗生みな
 やまうちせりな
 佐々木道成(劇団時間制作)
  
 <Bキャスト>
 野村龍一
 大浦千佳
 樹麗
 山本夢
  
 【上演スケジュール】
 11月
 21日(土)19:00【A】
 22日(日)19:00【B】
 23日(月)14:00【A】/19:00【B】
 24日(火)19:00【A】
 25日(水)14:00【A】/19:00【B】
 26日(木)14:00【B】/19:00【A】
 27日(金)14:00【A】/19:00【B】
 28日(土)13:00【B】/18:00【A】
 29日(日)13:00【B】 

☆上演時間1時間50分(途中休憩なし)
☆受付開始グッズ販売は開演の45分前、客席開場は開演の30分前

第二十二回本公演「迷子」

◆第二十二回本公演「迷子」
出演者、あらすじ、公演スケジュールにつて情報解禁です!
チケット等につきましては確定次第順次お知らせいたします。

【あらすじ】
3人の幼馴染
家族同士で行った旅行先の「すたか荘」で火災が起きた。
あれから時間は経っているはずだが昨日の様に思える。
芦沢家は次女を失った。
葛生家は両親を失った。
加藤家は…全員無事であった。
全員被害者であるが、立場の違う者同士が共に旅館を訴えた。
しかし、その裁判に疑問を持っていた加藤家亭主は、
司法修習生である元教え子の富岡と伊勢に相談を持ち掛ける。
「裁判を終らせてほしい…」
交差する3つの家族の想い、司法修習生と担当弁護士による正義の違い。
そして次第に見えてくる「あの日の火災について」。
正義VS正義
一体、「終わらせる」とはなんなのか。答えのない問題に向き合った圧倒的な現代劇。

【出演者】
<シングルキャスト>
岡本玲
桑野晃輔
青柳尊哉

田野聖子
石井康太
武藤晃子
西川智宏

竹石悟朗

田名瀬偉年(劇団時間制作)

<ダブルキャスト>
橋本真実
栗生みな
野村龍一
大浦千佳
樹麗
山本夢
やまうちせりな

佐々木道成(劇団時間制作)

【上演スケジュール】
2020年11月21日(土)~11月29日(日)

21日(土)19:00
22日(日)19:00
23日(月)14:00/19:00
24日(火)19:00
25日(水)14:00/19:00
26日(木)14:00/19:00
27日(金)14:00/19:00
28日(土)13:00/18:00
29日(日)13:00

【会場】
東京芸術劇場シアターウエスト
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1

新型コロナウィルス感染拡大が懸念される中ではありますが、
出来る限り予防の対策を講じながら、情勢なども踏まえつつ公演を開催する予定です。

情勢などにより、急遽中止・変更になる可能性もございます。
予めご了承くださいませ。
お客様のご理解とご協力宜しくお願い致します。

ドラマ喫茶 AOMURA結成

谷 碧仁が天才劇団バカバッカ、朝劇の野村 龍一さんとタッグを組み、      「ドラマ喫茶 AOMURA」始動致しました。
第1弾作品は全編スマートフォン撮影、7日間だけの5minドラマ 「7 Days contact」

5月25日(月)から7日間に渡り配信することが決定しました。

“1杯の珈琲を嗜むようなドラマ”
「1杯の珈琲を飲むような“ささいな人間模様”が気軽に楽しめる」をコンセプトに結成したドラマ喫茶 AOMURA。
注目株の2人が夢のタッグを組み、舞台という枠を飛び越え、様々な作品を作り上げていきます。

第1弾「7 Days contact」は兄と妹のテレビ電話の会話がメインとなる【5分×全7話】のヒューマンドラマ。全編スマートフォンにて撮影が行われました。
5月25日~31日の7日間、21:55に各話5分程度のドラマが配信されます。脚本・演出は谷 碧仁。出演は野村 龍一と、蜷川 幸雄演出作品に多く出演し、昨今では映画やドラマの出演が多い長内 映里香、主題歌はドラマ「深夜食堂」で音楽や挿入歌を担当した福原 希己江が手掛けます。

“谷 碧仁×野村 龍一”の2人の科学反応で作り出される「ドラマ喫茶 AOMURA」にご期待ください。

【配信日】
5月25日(月)~5月31日(日) 毎日21:55より配信(全7話)

【配信サイト】
https://filmuy.com/aomura
動画配信サイト「Filmuy」にて配信予定

【販売価格】
1話100円(税込み)
※第1話、第2話のみ無料配信
※購入後1週間の視聴期間を予定

【公式HP】https://dramacafeaomura.wixsite.com/aomura
【公式Twitter】https://twitter.com/dcafe_aomura
【お問い合わせ先】info.aomura@gmail.com

『どうせ、死んでいく』公演中止のお知らせ

新型コロナウイルス感染症拡大に関わる政府及び各地方自治体の方針等を踏まえ、
2020年6月17日(水)から6月25日(木)に上演を予定しておりました、
時間制作プロデュース『どうせ、死んでいく』の公演を中止させていただきます。

理由につきましては、
稽古期間中のキャスト、スタッフ、第三者様への感染・感染拡大。
さらには本番期間中のキャスト、スタッフ、お客様、第三者様への感染・感染拡大の危険性。
緊急事態宣言の期限延長により、十分な稽古期間を確保できず、稽古不十分のまま公演を行う事への懸念。
主に上記を考慮した結果、この決断をさせて頂きました。

公演を楽しみにお待ちくださった皆様には、このような判断となりました事を心よりお詫び申し上げます。

いつか近い未来に『どうせ、死んでいく』の公演を実現できるよう、力を合わせてまいります。
ご理解を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

『どうせ死んでいく。』(仮)上演決定

劇団「時間制作」では2020年6月17日(水)~25日(木)、CBGKシブゲキ!!!にて、吉田メタル氏(劇団☆新感線)をゲスト主演に迎え、初のプロデュース公演『どうせ死んでいく。』(仮)を上演します。

『どうせ死んでいく。』(仮)は、「親子」「血」「殺人」がキーワード。
罪を償い前科を隠し静かに生きていた男の運命が、息子と再会することで大きく動きだし…。
男に吉田メタル、その息子に松田岳。男の人生を揺るがす謎の男に陳内将。息子の親友に田名瀬偉年。男の姉に田野聖子。その夫で男を迎え入れた工場長に池田努。そのほか、佐瀬弘幸、竹石悟朗、野村龍一、はらみか、軽辺るか、平岡謙一と谷碧仁が信頼する濃密なメンバーが揃いました。
谷碧仁いわく、「それは復讐ではなく、自分の子供に“死”の重さと人生を伝える事で、生きていく重さを知っていくような物語」。時間制作ならではの、「圧倒的な現代劇」に挑みます。

【タイトル】 『どうせ死んでいく。』(仮)
【作・演出】  谷碧仁(劇団時間制作)        
【日程・会場】2020年6月17日(水)~6月25日(木)  CGBKシブゲキ!!
【出演】
吉田メタル
陳内将、松田岳
池田努、田野聖子
はらみか、野村龍一、栗生みな、軽辺るか
佐瀬弘幸、竹石悟朗

田名瀬偉年(劇団時間制作)、平岡謙一(同)

【チケット発売】 2020年3月 先行発売予定
【主催】 劇団時間制作/アイオーン   
【問い合わせ】 info@zikanseisaku.com

【あらすじ】
前科持ちである田中は田舎で身元を隠して生活していた。
過去を償うかのように、人に優しく、働き者であった。
ある日その田舎街に若い男が訪ねてくる。
その時、田中は直感する。「ああ、こいつは息子だ」と。
田舎町で二度と会う事がないと思っていた息子との生活が始まる。
そしてある日、息子が重たい口を開く、「実は……」。 
田中を受け入れてきた姉とその家族。工場の従業員……。
息子のために、隠していた本性をあらわにしていく父親を中心に、さまざまな問題が発生していく。
父親の罪滅ぼしと、責任と、人間の性に向き合ったとき
…親子と殺人が交錯する…