赤すぎて、黒

劇団時間制作第二十一回公演

作、演出:谷碧仁

■あらすじ
幸せな家族がそこにあった。
ある程度の喧嘩もあり、
ある程度の悩みもあり、
ある程度の辛い経験もした。
とても、幸せだった。

不幸な家族がそこにあった。
元父親に家族ごと監禁され、
凶悪な犯罪者の家族だと迫害され、
絶望の中を歩いて来た。
とても、不幸だった。

二つの家族の親同士が、ある日再婚した。
同じ敷地に、二つの家族が住むことになった。

■テーマ「愛」
生きてきた人生も価値観も
真逆である二つの家族が接していく。
同じモノを見ても、
同じ感想が出ない二つの家族の関係性が深まっていく。
この悩みは辛いのか?
幸せの基準はどこなのか?
愛とはなんなのか。

さて、始まります。
絡み合わない会話が。
絡み合わない基準が。
絡み合わない価値観が。

愛を求め続けた家族の、
「至極の愛」を描いた圧倒的な現代劇。

■出演者
シングルキャスト
田名瀬偉年
大鳥れい
竹石悟朗
秋月三佳
佐瀬弘幸
野村龍一

Aチーム
上田操
山本夢
長内映里香
はらみか
奏羽茜
砂山康之
平岡謙一

Bチーム
石井康太
小川麻琴
橘輝
川添りな
古川奈苗
荒井愛花
米原睦美

■日程
2020年3月4日(水)~3月15日(日)
4日19:00A割
5日19:00B割
6日14:00B/19:00A
7日14:00A
8日13:00A/18:00B
9日19:00B学
10日19:00A学
11日14:00A☆/19:00B
12日14:00B☆/19:00A
13日14:00A/19:00B
14日14:00B/19:00A
15日13:00B

■劇場
萬劇場
(〒170-0004豊島区北大塚2-32-22)
JR山手線大塚駅北口下車・徒歩4分
都電荒川線巣鴨新田駅下車・徒歩3分

■チケット情報
<全席指定席、税込>
前売り・当日4,400円
割引日(前売りのみ)
学割4,000円

■スタッフ
舞台監督 金安凌平
美術 向井登子
照明 RIFroOvseaSA、荻原賢一郎
音響 志水れいこ、太田智子
制作 MIMOZA
宣伝美術(フライヤー) 西川育男(COUNTER ATTRACTION/AIM)
パンフレット撮影&デザイン 圓岡淳(Atelier caprice orchestra)
デザインアシスタント 若林沙都(Atelier caprice orchestra)